うつ病は薬で治療することも可能です|まずは専門医に相談

男性ドクター

様々な働きかけが必要です

医者

SSRI等が主流です

現在うつの治療薬の主流として抗うつ薬が挙げられます。その中でも特に多くの臨床治療に使われているのがSSRIやSNRIとなっています。これは体内の神経伝達物質であるセロトニンに働きかけるタイプの薬となっています。 そもそもうつはセロトニンが不足して発病するとされています。しかし、何が原因でセロトニンが不足するかはまだはっきり解明されていません。 かつては三環系抗うつ薬もしくは四環系抗うつ薬が使われていました。これらは古くから使われていたうつの治療薬ですが、副作用が強く出るということで問題になっていました。そこで副作用を抑え、よりうつの治療効果を上げるということから、開発されたのがSSRIやSNRIとなっており、しかもつい最近出始めたものとなっています。 ただ、SSRIやSNRIの場合、効果が出るまでに時間がかかるとされています。そのため、効果が表れるまでにSSRIやSNRIと併せて他の薬を使用するところもあります。漢方薬を用いるところもあります。

マンパワーも必要です

うつは薬で症状をコントロールしたり、症状を緩和することが出来ます。そして、うつの治療には服薬は必須のものとされています。 しかし、うつは薬だけでどうにでもなる病気ではありません。患者の生活スタイルに何かしらの変化が生じるだけで症状が変化もしくは悪化するケースはよくあることとされています。また、人間関係に変化が生じた場合もうつ症状にも変化が生じることもよくあります。 そのため、うつは薬だけ飲んでいればどうにかなる病気ではないことを念頭に入れておく必要があります。 薬以外の対応策としては、気軽に生活における相談が出来る人を見つけること、うつ仲間などと繋がり、交流を深めることなとが挙げられます。相談者に関しては、家族・仲間・友人は勿論、専門家などが挙げられます。特に専門家に関しては治療専属の看護師もしくは保健師、ソーシャルワーカーなどが具体例として挙げられます。 これらのマンパワーを薬と併せて上手に利用していくことがうつの改善において必要なこととなってきます。