うつ病は薬で治療することも可能です|まずは専門医に相談

男性ドクター

現時点と今後の話です

女性看護師

SSRIが人気です

基本、うつ病で使用される抗うつ薬は我が国では医療機関で診察を受けないと手に入れることは出来ません。 しかし、海外の通販を利用することで抗うつ薬を手に入れることは出来ます。 抗うつ薬の種類を大別すると昔から使用されていた三環系抗うつ薬、四環系抗うつ薬、新しいタイプで体内神経伝達物質であるセロトニンに働きかけるタイプであるSSRI、SNRI、NaSSAがあります。ちなみに後者は従来の副作用が強いタイプを改良したものとなっています。 現在、抗うつ薬通販でランクインしているものの多くがSSRIとなっています。SSRIは現在うつの臨床治療の主流として使われています。そのため、ありふれているということから選ばれている可能性があります。また、SSRIより後に開発されたものはSSRIより副作用が少ない分高価な傾向にあります。そのため、価格面からSSRIは手が出しやすいことが考えられます。 勿論通販に限らず、臨床治療においても患者からSSRIは支持を集めています。

治療法が変わり得ます

抗うつ薬は未だに特効薬として機能していません。そのため、今後も新しいタイプの薬が開発されることが考えられます。 その要因として、うつ病のメカニズムがまだはっきりと分かっていないことが挙げられます。神経伝達物質であるセロトニンが不足することがなんらかの因果関係があるのではないかとされています。しかし、そのセロトニンが不足するメカニズムもはっきりと分かっていません。ただし、ストレスが関係しているのではないかとはされています。 勿論セロトニンの他に体内の物質が関係している可能性もあります。それが今後の研究で分かった場合、それに働きかけるような薬が開発されることも考えられます。 しかし、精神医療の最先端を行っているイタリアでは薬に出来るだけ頼らない治療法を展開しています。日本の場合は精神科病院の権限が根強く残っているため、薬物中心の治療法を取りやめることはなかなか難しいことが考えられますが、今後は海外の影響も受け、以前より薬の使用を抑えた治療法が展開されることも考えられます。