うつ病は薬で治療することも可能です|まずは専門医に相談

男性ドクター

病院で処方してもらおう

笑顔の女性

治療を受けることが近道

うつ病かもしれないと感じるとき、それがごく軽い症状であれば市販薬で対応できる場合もないわけではありません。最近ではドラッグストアなどでもストレスや憂うつに対処するためのいろいろな薬が売られています。ですがそうした薬はあくまで抑うつ状態用であってうつ病とまでは行かない人を対象としていることが多いのです。うつ病では症状のひとつとして不眠が現れることがよくあるため、初期のうつ病患者の中には薬局で手軽に買うことのできる睡眠導入剤などを使う人もいるようです。しかしストレスに対処するための薬であれ、不眠を改善するための薬であれ、市販されている薬の効果はいずれも軽いものです。よって、本当にうつ病になってしまったときにはそういった市販薬では十分に対応できないことがほとんどです。精神科で薬をもらうことに対して不安を感じる人もいますが、医師が処方する抗うつ剤などの薬はうつ病の症状を的確に改善することが可能です。もちろん効果も市販薬とは比較にならないほど高いものです。うつ病の症状で苦しいと感じたら、病院を受診して適切な薬をもらうようにしましょう。

不安などをやわらげる効果

うつ病で心療内科や精神科などを受診すると、抗うつ剤や抗不安薬を医師が処方してくれます。うつ病の患者は脳の中で重要な働きをする神経伝達物質の働きが弱っています。特に機能が衰えているのがセロトニンやノルアドレナリンなどの神経伝達物質です。セロトニンが不足するとうつ病になりやすいということはよく知られています。ノルアドレナリンは自発的・積極的に行動する意志やエネルギーを保つためになくてはならない神経伝達物質です。精神科などで処方される抗うつ剤には、これらセロトニンとノルアドレナリンの弱った働きを回復させる作用があるのです。一方、抗不安薬はその名の通り患者の心から取り除けなくなった不安を鎮めるために使われるものです。まずそうした不安をやわらげないことには、患者は日常生活を安らかに送ることもできなくなっている場合が多いためです。しかし高まっている不安を鎮める作用があるために、効果が出すぎると頭がぼうっとしたり体に力が入らなかったりすることがあります。したがって医師に自分の病状の変化についてこまかく伝えることが大切です。ときには薬の種類を変更してもらうことも必要になります。