うつ病は薬で治療することも可能です|まずは専門医に相談

先生と看護師

最新記事一覧

様々な働きかけが必要です

医者

現在、うつの治療薬の主流としてSSRIやSNRIといったセロトニンに働きかけるタイプのものが使われていますが、効果が出るまで時間がかかるとされています。 また、うつは薬だけで十分な対応が出来ないため、マンパワーも症状改善に必要となります。

詳細を確認する

乱れた脳内を活発にしよう

下を向く男性

うつ病を発症するきっかけは性別や世代によってさまざまあります。特に高齢の場合更年期障害と並行して発症し、薬物療法によって神経伝達物質の動きを活発にさせます。抗うつ薬の投与と共に睡眠障害の改善も必要です。

詳細を確認する

治療中の注意点と予防法

カギ

日常生活を過ごす上で大切なのは、うつ病にならないように日頃から心がけることです。適切な対処法を知っておいて、早めに対策を取っておけば、うつ病は防ぐことが出来る病気です。うつ病にとって最大の発症原因はストレスです。色々なストレスから、精神が弱っていき、気持ちが上向きにならないままうつ病になってしまいます。しかしながら、ストレスを感じる原因というのは自分自身ではなく、自分の周りの世界から感じることなので、これを完全に防ぐという事は自分自身の環境を大きく変えないといけないのでなかなか難しいです。そこで、大切なのは、自分自身の考え方を変えるということになります。まず、生真面目で自分を責めやすい性格の人はうつ病にかかりやすいです。逆に楽観的で細かい点をあまり気にしないような人はうつ病にかかりにくいといわれています。一気に楽観的にとはいかないまでも、例えば、仕事などで仕事の進行に影響がない程度の細かいミスであればそれほど気にせずにいられるようにすれば、ストレスを感じる度合いは随分と減少するでしょう。

うつ病にかかってしまったなと感じた場合は、出来るだけ早く病院へ行き、医師の診察を受けるようにしましょう。うつ病は心の風邪といわれていますが、風邪のように簡単に治る病気ではありません。早くても数か月、長い場合は10年以上かかる場合もあります。症状が重くならないうちにできるだけ早く治療を受けることが、治すための近道です。うつ病の治療は医師によるカウンセリングと薬の服用が主ですが、薬の服用に関して、うつ病の薬はやはり強力なので、何らかの副作用が起こります。もし、その副作用が辛いものであれば、遠慮せずに医師に相談しましょう。そうすることで、同じような効果で違う種類の薬に変えてくれます。薬に関して注意しておかなければならないことは、医師の指示があるまで決して服用をやめないという事です。よく、調子が良いからと勝手に服用をやめる人がいるのですが、調子が良いのは薬の効果もあるからで、やめてしまって再びうつ病の症状が出てしまうと、症状は重症化してしまいます。

元の状態へ戻す手助け

胸を押さえる女性

うつ病の薬は、その病態に応じて足りないものを補う治療です。様々な種類の薬があるため、その効果的な治療については、信頼のおける医師や薬剤師を見つけ、相談することによって解決したりより良い治療に結びつけることができるでしょう。

詳細を確認する

病院で処方してもらおう

笑顔の女性

最近では街のドラッグストアでも憂うつや不眠を改善するという薬を購入できるようになりましたが、症状がうつ病にまで進行している場合にはやはり医療機関で処方された薬を服用する必要があります。精神科や心療内科では、抗うつ剤や抗不安薬など患者の病状に適合するものを処方してくれます。

詳細を確認する

現時点と今後の話です

女性看護師

SSRIはありふれている点、費用面から現在多くの人に支持を集めており、多くのうつの治療に使われています。 また、今後は新しいタイプの薬が使われたり、薬をより減らしたうつの治療が展開される可能性があります。

詳細を確認する